かせぐ

仕事の好き嫌いと、取り組む姿勢を混同したら稼げない。

仕事の好き嫌いと、取り組む姿勢を混同したら稼げない。
この記事で分かること

・好きなことで、生きていく
・FIREはその活路の一つ
・好き嫌いと真剣さは切り分けろ

おはーん、ペーパー先生です。

先生には趣味がない、夢もない。

お金を育てているのは、将来やりたいことが見つかった時の原資にするため。

そんな話をする機会がこのところ多かったと思います。

今日は、好きでもない仕事をして稼ぐことについて考察をしていきます。

音声解説

このブログの内容はラジオでも解説しています。

昔、YouTubeのキャンペーンに

「好きなことで、生きていく」

というものありました。

一見すると羨ましい生き方にも聞こえますが、

人気YouTuberの皆さんも裏では大変な努力をされていますし、

更新を続けている中では、辛いなと感じることだってあるでしょう。

決して好きなことだから楽に稼げるわけではないことが分かります。

さて、趣味を持っているという人は多くいますが、それだけで生きていく、

その分野を徹底的に追求していくようなところまでは、なかなか到達できないかもしれません。

なぜならば、時間もお金も潤沢にはありませんから、仕事で稼がなければいけない。

つまりは、趣味に集中できる環境がないわけです。

この数年の流行であるFIRE(経済的自立)というのは、

その活路の一つであるのかもしれません。

FIREのためのお金を作るためには兎にも角にも原資が必要です。

(収入-支出)×利回り=資産

こういう風に表せますから、

・支出を抑える
・収入を増やす
・投資に回す

これらを徹底していく必要があります。

収入を得る方法も人それぞれです。

会社勤めが一般的ですが、それに加えて兼業・副業という選択肢も増えてきていますし、

フリーランスや独立して会社を持つことだってあるかもしれません。

将来やりたいことが明確であれ、不明瞭であれ、

詰まるところ冒頭に触れたように、

好きでもない仕事から収入を得ること自体はマジョリティだし、

悪いことでもないし、他人に迷惑をかけるという話でもありません。

重要なのは、仕事が好きか否かという話と、

それに真剣に取り組んでいるか否かというのは、

まったくの別問題だということ。

後者が疎かになってしまうと、アプトプットの質にも影響しますから、

評価も落ちますし、つまりは収入も落ちます。

好きな仕事じゃなくても、真剣に取り組む必要があるわけです。

結構、ここを間違えてしまう人が多いんじゃないかなと

長らく会社員生活をしている先生は思うことがあります。

「どうせ、やってもやらなくても、一定のお給料はもらえるんだから」

大企業になればなるほど、そんな人が増えていく傾向にあります。

先生が勤務する会社でもそうです。

しかし、同じ時間を拘束されるのであれば

収入は上げた方がいいし、先ほどの数式にもある通り、

入金力を高めることは、ダイレクトに資産のサイズに影響します。

好きでもないことを仕事にしている人も、

常により多くを稼ぐ意識は忘れてはいけないし、

その実現のため真剣に業務に取り組むことも忘れてはいけない。

そんな当たり前だけど勘違いしがちなことを、今日はツラツラとまとめてみました。

では、ごきげんよう。

よろしければこちらの記事もご覧ください。

人に語れる「夢」はあるか?
人に語れる「夢」はあるか?皆さんは将来やりたいこと、達成したいこと、実現したいことってありますか?いわゆる「夢」ってやつですね。普段生活をしていて、「次のオリンピックで金メダル取ることです!」みたいな、めちゃくちゃ定量的な指標って、持っている人の方が少ないんじゃないかなと思います。...
人はどんな幸せを求めて生きていくのか
人はどんな幸せを求めて生きていくのか先日、先生自身の過去の金融資産の変遷について振り返りました。将来に夢があるわけでもなく、没頭できる趣味があるわけでもなく、今の仕事が楽しいわけでもない。40歳も超えて、無色透明な生き方をしている先生の人生観について今日は語ってみたいと思います。...
お金を増やすためにゴールのイメージをしっかり持とう
お金を増やすためにゴールのイメージをしっかり持とう何かに取り組む際、ゴールのイメージを持つことは重要。"人はイメージしたところにしか辿りつかない"という言葉があります。何をいつまでにどのように達成したいのか。これらを自身の中で明確にしなければ、ただ時間の消費だけがされてしまうことになります。...
今日のまとめ

仕事の好き嫌いと、それに取り組む姿勢は、切り分けて考えろ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 資産運用(投資)